男の人

インターネットの引っ越しをするなら|より快適に使える

専門店に相談しましょう

パソコンを操作する人

OSをバージョンアップする際やパソコンを一新する際などに貴重なデータを読み出せなくなるトラブルは珍しくありません。そのような理論障害が発生した際は、専門店に依頼してデータ復旧を行いましょう。専門店なら通常のオペレーションでは読み出せなくなってしまったデータも、HDから読み出すノウハウをもっています。

この記事を読む

解約して得するケース

IT

契約を継続する場合

オフィスを移転した際にかかるインターネットの接続費用ですが、そのまま契約を継続する場合は「工事費用」がかかります。工事費用は、建物の種類と引っ越し先にインターネットの回線が入っているかによっても異なります。工事費用を安くする方法ですが、解約してほかのプロバイダーに乗り換えれば安くなります。乗り換える際に、「工事費用0円」で「数ヶ月の利用料が無料」、さらにキャッシュバックなどのあるプロバイダーを選べば、かなりお得となるでしょう。プロバイダーが提示している条件はさまざまですから、できるだけ条件の良いところで契約しましょう。しかし、インターネットの接続、また解約や新規契約の際には、現在の契約条件を事前にしっかり確認しておく必要があるので注意しましょう。

解約した場合

多くのインターネット契約は期間が定められており、たとえば2年縛りがある場合などは、2年未満で解約すると「解約手数料」がかかります。この解約手数料と、新規の契約とでどちらが安いかという比較になります。多くの場合、条件の良いプロバイダーで契約すれば、その方が安くすみます。契約先を選び間違えさえしなければ、解約した方が得でしょう。ただ、解約にベストなタイミングで引っ越しする必要があります。オフィスの引っ越しに合わせて解約するのではなく、解約に合わせて引っ越しをした方が、インターネットの移行はスムーズに進みます。プロバイダーの乗り換えは面倒なものですが、引っ越しの手続きと同時に行えば、それほど面倒くささを感じずにすむでしょう。

データのセキュリティ対策

システム

システム化によるサーバ管理は、セキュリティ面などを考慮すると、データセンターで管理すると良いです。データセンターでは関係者以外が入室できない仕組みになっています。また監視カメラなどで異常を検知しやすい仕組みになっており、安全性が確保されています。

この記事を読む

個人契約とは異なる

ネット

オンラインストレージはクラウドを利用した便利なシステムです。個人で契約する場合には、無料プランを利用して気にいった場合には、有料プランに切り替えるだけですが、法人の場合には、利用する用途やセキュリティ対策などを考慮しなければなりません。

この記事を読む