個人契約とは異なる|インターネットの引っ越しをするなら|より快適に使える
ウーマン

インターネットの引っ越しをするなら|より快適に使える

個人契約とは異なる

ネット

利用用途を考慮

個人と法人ではオンラインストレージの選び方は異なります。個人で使用する場合には、容量を気にすることが多く、無料のサービスを一定期間利用し、気にいった場合には、有料のサービスに申し込む流れが一般的です。しかし法人の場合には、使い方が単にデータを保管するだけの用途でないことが多く、利用用途にマッチしたオンラインストレージであることが求められます。大容量のファイル転送が可能であるか、共有フォルダとして使用することができるか、同期速度などを事前に調査しておかなければなりません。多機能なオンラインストレージは数多くありますが、それだけ料金も高くなります。必要な機能に限定して契約するほうが余計なコストを発生しないなどのメリットがあります。

セキュリティ対策も考慮

一気に会社全体でオンラインストレージを契約すると後に変更することが難しくなるなどのデメリットもあります。そのためまずは小規模の部署で利用を開始し、問題がなければ全社規模に拡大するなど手順を踏んだ導入をすることも大事なポイントになります。法人の場合、無料サービス期間がほとんどなかったり、機能が限定されている事もありますので、小さな規模で導入することが最も安全な方法でもあるのです。もう一つ注意しておかなければならないのは、セキュリティに関する対策です。価格が安い製品に目がいきがちですが、オンラインストレージの安全性も考慮して契約を考える必要があります。法人の場合には、扱うデータも重要なものが多くなっているため、注意が必要なのです。